バイバイ。ゆううつなワタシ。

トリキュラーは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの配合剤で、排卵抑制作用を主作用とする三相性低用量経口避妊薬です。

トリキュラーで生理での障害を無くし堕胎手術を回避

生理という習慣は、女性とは切っても切れないもので、毎月訪れるものです。
しかしこの生理は個人差も大きく、普段通り、体調やメンタル面でも何の変化もなく過ごせる方もいれば、自分でもコントロールできないほどの障害が現れてしまう、という方も少なくありません。
実際には何らかの不具合が現れる方のほうが圧倒的に多く、それ故、生理期間のことをブルーディ、と表現されることもあるのでしょう。
生理が重い女性は、貧血を起こしてしまうほどの経血が出たり、寝込んでしまうほど辛い腰痛や腹痛に襲われることもあるようです。
大量の経血が出るため、時計をにらみながら過ごし、一日に何度もトイレに駆け込まなければならない、という煩わしさは、日常生活を円滑に過ごせているとは、もはや言えないでしょう。
このような問題を解決してくれるのが、避妊薬として知られている低容量ピルです。
低用量ピルは、女性が自らの意思だけで、確実に避妊ができるので、男性任せにして避妊に失敗し、女性の心と身体を著しく傷付けてしまう堕胎手術を受けなければならない事態に陥ってしまうというリスクを、回避させることが出来ます。
日本のクリニックで処方されている低用量ピルには、色々な種類がありますが、最も日本人女性の身体にあったトリキュラーは、3相性のピルで、女性本来の自然なホルモンバランスと同じ状態にさせてくれるので、副作用も少なく、初心者でも飲みやすいピルです。
3相性のピルは、含まれるホルモン量もごく少ないので、身体への負担も少なくて済みます。
トリキュラーを飲むようになると、生理周期が安定し、経血量も激減し、生理痛の緩和、月経前症候群の緩和など、生理が格段に楽に過ごせるようになります。