バイバイ。ゆううつなワタシ。

トリキュラーは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの配合剤で、排卵抑制作用を主作用とする三相性低用量経口避妊薬です。

太る・月経過多でナプキン漏れに悩みはトリキュラーで

生理用品とクマのぬいぐるみ

トリキュラーは毎日同じ時間帯に服用し、服用の順番を守ることで高い避妊の効果を発揮することが出来るので、人気のある低用量ピルの1つです。
女性は生理周期の間にホルモンが急激に変化することで精神的にも身体的にも影響を与えることがあります。
それが月経前症候群であり、月経過多でもあります。
特に月経過多の場合、ナプキンを当てていても経血が漏れてしまい、生活に支障を与える場合もあります。
それを改善するためにはホルモンバランスを整える必要があるのですが、その際にトリキュラーが活躍もするのです。
トリキュラーには妊娠時に多く分泌される黄体ホルモンが配合されているので、定期的に摂取し、体内の黄体ホルモンの濃度を一定にすることで脳が体は妊娠したと勘違いし、排卵停止命令を出すことで避妊の効果を発揮します。
つまり同じ時間帯に服用することで急激なホルモンの変化を抑えることが出来、月経前症候群や月経過多の改善につながる、ということです。
ところでトリキュラーを服用すると太る、という口コミを見たことがある人はいるでしょうか。
体重や体脂肪は変わっていないのに、トリキュラーを服用したら周囲から太った、と指摘されたことがある人がいます。
これはピルが体内の水分をため込みやすい性質を持っているため体がむくんで見えるという副作用である可能性が高いです。
しかしこれはトリキュラーを服用し2~3ヵ月程度経つと体が慣れ、余分な水分を排出するようになりむくみは取れ元に戻ることも分かっています。
トリキュラーを服用することで太るのではなく、一時的な現象だと言えます。
正しく理解し使用することでトリキュラーは強い味方になることが出来ます。
太るから嫌だ、ではなく、一時的な現象だから改善されると思い使用することも大切なのです。